非耐熱性のウィッグのケア方法

非耐熱性のウィッグのケア方法を教えてください

非耐熱性のウィッグのケア方法がかわりません。

 

ウィッグを購入したのですが、毛が絡まってしまいました。

ブラシでとかそうにも、全く髪に入っていかない状況です。

 

スプレーしたりしましたがダメでした。シャンプーやリンスをしようとしましたが、注意書きに「洗濯(シャンプー等)はお避け下さい」と記入されており、どうしたらいいのかわかりません。

 

素材自体は熱に弱いらしく、アイロンやホットカーラーは不可になっていました。どうすれば良いかアドバイスお願いします。

 

 

非耐熱性のウィッグはケアが難しい。

 

うーん、アイロンなどが使えないウィッグは、ナイロンのような素材でできていて、ウィッグが出たての時によく買いましたが、ケアが難しいんですよね・・・。

 

熱にあてると毛が縮んでしまい、アフロヘアーになってしまうので注意してくださいね。

 

まず、このような非耐熱性のウィッグは洗濯用洗剤で優しく洗います。

桶のようなものの中に薄めた洗濯用洗剤を入れ、ウィッグを入れます。

指で優しく撫でるように洗ってください。

 

次に、柔軟剤をすごく薄めた液にウィッグを漬け込みます。

時間は5分〜10分程度。

漬け込みが終わったらタオルで挟み込むように水気を取ります。

(無理に水気を取らなくても構いません)

 

その後外で完全に乾くまで陰干ししてください。

数日かかることもあります。

乾いたらウィッグ専用のブラシで優しくブラッシングしてください。

酷く絡まった部分はカットするべきです。

 

非耐熱性のウィッグはケアが難しく、耐熱性に比べ持ちが悪いです。

耐熱性の方がケアが楽ですし、アレンジも効くのでオススメです☆

 

ウィッグスター(旧:chatte)やLinea-Storiaはプチプラな耐熱性ウィッグが豊富ですので、是非一度チェックしてみてくださいね。

 

ウィッグスター(旧:chatte)の公式サイトはこちら
Linea-Storiaの公式サイトはこちら

 

 

 

→ウィッグに関するQ&A 目次

 

 

 

 


ページトップへ戻る

非耐熱性のウィッグのケア方法を教えてください

運営者情報 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyright (C) 2011-2013 Wig FanAll Rights Reserved.

ウィッグが好きな人のためのポータルサイト